Photoサロン'15 '07版 '06版 '05版  自然 風景    Home

身の回りの自然に目を向けてみました
写真をポイントするとコメントが、クリックすると拡大写真が見られます








 ゴイサギ
        

        






    H e l l o ♡
プラタナス 

a couple ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Chu♡
サラダバーネット 斑入りマサキ  風 船 唐 綿  “五色(ゴシキ)トウガラシ”は食べられませんが、上を向いた丸みのあるつやつやの実(紫・白・黄・橙・赤色)が美しい観賞用のトウガラシです。





  副虹→




             ←主虹
夕方のダブルレインボー






   パイナップルリリー
  美しい葉を観賞できるリーフプランツとして親しまれている“ストロビランテス”は、“ウラムラサキ”という和名があるように葉の裏側は紫色をしています。   白いアンスリウム                  クロリンダゼラニウム  ペチュニア             











     ケヤキ
     
ラミウムの花

 
三色昼顔

  どんどんと蔓を伸ばし暑さにも乾燥にも強い“ヤマホロシ”の星型の花は、紫→薄紫→白色と変化して初夏から秋までの半年近く目を楽しませてくれます。
       
   
   メカルドニア         ヒペリカムの花      ジギタリス      ヘリクリサム





サイチゴの実

 
 

     
         
オルレイヤ  シモツケの花   クレマチス
カルトマニージョー
セントーレア
ブラックボール  ピラカンサスの花  緑道のサクランボが太陽の光を浴びて赤く輝く宝石のように見え、散歩をする人も大人も子供も目を輝かせて足を止め感嘆の声をあげながら観賞していました。 キングサリ 





  空へ伸びる
 カロライナジャスミン






     ユキノシタ
シロヤマブキ 
エンドウの花と実  豊後梅の花と実  小さい薄紫色の花が咲き手のひらのような葉を付けた糸状の茎をどんどん伸ばしていく蔦葉海蘭(ツタバウンラン)が、コンクリート床の上を成長中でした。





 


                                      
源平しだれ桃





                
 アルメリア  
クレマチス 
 アーマンディ  ミツマタの花  庭梅(ニワウメ) 花見客で賑わう目黒川の大橋付近でカルガモのカップル達が寛いでいる姿を見かけましたが、可愛らしい雛に会える日もそう遠くないかもしれません。





              寒緋桜の蕾   
キャラボク   新鮮野菜の食事   
キルタンサス   エケベリア 七福神  冬咲きのエリカ“セシリフローラ”は針状の葉で覆われたサボテンのような茎の先の黄緑色の蕾から白い花が咲き、先端がピンク色に変わっていきます。






 昼の月と雲


     
         薄 氷
夏から秋にかけて咲き続けたサルスベリ(百日紅)の枝先で、北風にも耐えて年を越した枯れ色の実が気持ちよさそうに日光浴をしていました。
      クレマチス ユンナネンシス     ダンコウバイ       霜 柱        





    集団で行動するスズメたちが冬木立の中の一本にもこもこした羽毛を見せながら集っている光景は、寒さを感じていた心身に温かさをもたらしてくれました。  鳩とスズメ    鳩  
ハボタン      ツワブキ   ユーフォルビア(白雪姫)
     紋服の看板犬      





渋谷ヒカリエの地下3Fと2Fの平らな床にはレオン・ケールによる3Dペインティングアートが描かれていて、まるでクリスマスプレゼントが置かれているように見えます。
Christmas Scene
  2014        2015





マリーゴールドとミツバチ
コウシュンカズラ
イヌタデ    シュロの花   
 深 秋
たぶのきの芽 
朝顔と比べると強健で10メートル以上の蔓を伸ばして垣根や家の壁面を覆っていく“野朝顔(ノアサガオ)”は、大きく美しい花を11月まで咲かせ続けます。 











 秋の風

秋の空





      アメンボ
ソヨゴの黄色い実  アケボノアセビ  ブルーウィング   レッドフラッシュ
 白いアゲラタム  白式部
 (シロシキブ) 光沢のある濃い緑の葉・白い小さな花・薄緑の実や真っ赤に熟した実が一時に見られる“ジュズサンゴ(数珠珊瑚)”は、色のコントラストが楽しめる植物です。









9/9 スーパームーン
            
      清 涼

 



“ハツユキカズラ”の新芽は美しいピンク色で次第に(初雪のような)白みが増し、白と緑の斑点のあと緑色になった葉は秋以降には紅葉します。
クロサンドラ  キキョウ    






      残 暑







  ナミアゲハチョウ

     ユ リ

    ヘメロカリス

ミニトマト
ピーマン 星のように愛らしい黄色い花の周りに大きな白い萼片がある“ホワイトコンロンカ”はハンカチの木(ミズキ科・落葉高木)とも呼ばれますが、アカネ科の常緑低木です。ブドウ    












   ノダフジ の実


小暑



大暑







       ネムノキの花







      スイカ

  白桃の実       モナルダラベンダー
ネジバナ  泡粒のようなピンク色の小さな花を沢山つけて円錐状になっている“アスチルベ(別名・泡盛草)”が、梅雨の季節に生き生きと輝いていました。











     多摩川

  霖雨
   

 アナベル(アジサイ)
ガクアジサイの“ダンスパーティ”は紫陽花の中でもより華やかで、ピンク色のドレスを身に纏った貴婦人達が軽やかに踊っているような雰囲気を醸し出しています。
  

紫陽花~いろいろ~COLOR
ガクアジサイ 





        タンポポ




          若 草           






 若 葉

トウカエデ 'ハナチルサト'
(唐楓 花散里)

松の雌花
カラー    キリシマツツジ    羽衣ジャスミン  皮付きのタケノコが店頭に並ぶ頃、竹林ではにょきにょき伸びてきた若芽や若竹・年を経た竹が美しいシルエットを見せていました。竹の子の成長
   ミヤコワスレ                 ヒメウツギ              オオツルボ(シラー・ペルビアナ)




  ナミアゲハ蝶 






      春 粧



                 ヒヨドリのお花見
“東洋錦”は一本の木に白・紅赤・更紗絞りとカラフルな花を咲かせ、沢山の品種がある木瓜(ボケ)のなかでもひときわ華やかな雰囲気を漂わせています。



クルシアナ・
   レディジェーン 
↓ 桜との競演 ↓
   
太陽          ヒメコウゾ           モモ          ユキヤナギ





ルーデンベルギア 
開花間近





            染井吉野





ローダンセマム  
マーガレット   

白い沈丁花     青いハナニラ   トサミズキ   キンセンカ  
枝いっぱいに小さい花を咲かせる白色の雪柳は雪のようですが、“フジノピンク(ピンク色の雪柳)”は間もなくやってくる桜の季節を連想させ春の気分を運んでくれます。









 衣更月



      雪上の一葉
              
雪中の枝垂れ梅  東京に降った45年ぶりの大雪で葉が黄色になってしまったけれども、春の香りを運んでくれる“沈丁花”の濃い紅色のつぼみは出番をしっかりと待っています。
アキノエノコログサ 雪中のキンカン





≪ 富士山

 
        池の鯉 ≫
今年の三が日の東京は天候に恵まれ昨年世界遺産に登録された富士山も見られ、初夢に見ると縁起が良いという“一富士二鷹三茄子”を思い出しました。                  
木瓜の実           多肉植物      






 巳年~
  
多数の剣を束ねたような葉の中から真っ直ぐに伸びた花茎に白い大きな花を咲かせるアツバキミガヨラン(厚葉君が代蘭)は、ユッカ属の常緑低木です。
コナラ     フサアカシア                 




  






 落葉

             
    紅葉



 空飛ぶトンボ
 



曇天の中の晴天

  
ヤマボウシの実    サザンクロス   熟したトウガラシ
ヒメイチゴノキ シュロガヤツリ サルビア・
  エレガンス   シソ科の植物の“ネコノヒゲ”は白や薄紫色の小さな花から髭のような長い雄しべと雌しべを上向きにピンと伸ばしていて、圧倒的な存在感があります。 





         




                
 コキア(ホウキギ) フウセンカズラ   雨上がりの夕方スマホを掲げている人に気付いて東の空を見上げると高い建物の間から大きなアーチを描いた七色の虹が見え、幸せな気分を味わえました。

白萩とクマバチ  フジバカマ 
イヌサフラン      アシタバの花






 爽 秋
鮮やかな総苞片が花を包み込み開花すると圧倒的な存在感のあるキングプロテア・リトルプリンスは、華やかな席のフラワーアレンジメントに最適です。     

      レッドスター





ワイヤープランツ
大山レンゲの実 ツバキの実 ランタナの実







    向日葵
色取り取りのサルスベリ  
朝顔とゴーヤ 背筋を伸ばし太陽に向かって輝くばかりの笑顔を見せているようなヒマワリ(向日葵)の大きな黄色い花は、夏にぴったりの元気をくれる花です。 サントリナ







      日 盛 り


        


  ビヨウヤナギ        ランタナ・イエロー・スプラッシュ       オオチョウジガマズミ
夏からハゼの木のように紅葉する“ナツハゼ”の果実は秋に黒く熟し食べられますが、光沢のある赤褐色の若い果実には夏の日差しがよく似合います。 ブーゲンビリア    
 
  リーフレタス             トウガラシ 

   
            キャラボク
 
  ズッキーニ              ヘリオトロープ












       ビオラ



梅 雨

ベルガモット(ハーブ)トキワツユクサ

 ハナモモの実  フォックスリータイム
アフリカンアイズ
枝が埋まるほど沢山の白い小さな花を下向きに咲かせるエゴノキは葉の緑とのコントラストが綺麗ですが、花のあとになる実もとても可愛らしいです。

 
ルピナス

ベニジオ アークトチス





               
                


  
      





受け咲き
大山レンゲ



つぼみ
開 花 間 近 
花 開 く 
生垣としてよく見かける常緑樹・レッドロビンの白くて小さなたくさんの花は、芽吹き時の光沢のある赤い葉や古い緑の葉の中のアクセントになっています。


コデマリ
の ぞ み 
カクテル 
バラ


ゴールドバニー

   ライラック       矢車菊        ワスレナグサ      アジュガ(西洋十二単)  





桜花





             フジザクラ
              爛漫

 八重紅枝垂    十月桜
 寒緋桜(カンヒザクラ)は花びらだけでなく萼(ガク)も緋色で、うつむき加減に枝いっぱいに咲く釣鐘状の花が他の桜に先がけて早春を知らせてくれます。
ハナカイドウ    河津桜

 川中島白桃の花ヤマブキ





            

           菜の花
           




     コイ
             カメ
 
 サクラの花びら
     
ハト
              
   
クサイチゴの花    シダレヤナギ  アセビ(屋久島)の花   ムクロジの実





     生長が速く大きく育つ常緑高木のクスノキ(樟)の前に立ち空を見上げると、その神秘的な雰囲気に身が引き締まる思いと清々しい気分を味わえました。
白 梅     
      紅 梅         おみくじ結び所の梅















               春 隣


桐のつぼみ
           

ゴールデンクラッカーのつぼみ
冬に咲く桜として近年人気が高まっている“啓翁(けいおう)桜”は、休眠状態の花芽の付いた枝を切り温室内で温度管理をして一足早い春を運んでくれます。 チェッカーベリー   ネコヤナギの花穂






  
満月ロウバイ 
金柑(キンカン) クロトン     南 天(ナンテン) 大輪の花のように見える白や赤紫の葉の形が様々な葉牡丹の寄せ植えはお花畑のようですが、草丈の長い小さなハボタンは花束にアレンジすると素敵です。






柿 の 木 の 紅 葉

シマトネリコの実

初 雪 草

ダイアモンドフロスト
   紅葉したミセバヤと茎の先端に多数咲いているピンク色の小花が白いブロック塀に映えていて、「皆に見せばや(見せたい)」という気持ちになりました。  見通しがよく明るい新年へビルの窓ガラス拭き   ヤ ツ デ の 花 





観賞用庭木の花梨(カリン)の実は固くてそのままでは食べられませんが、カリン酒やハチミツ漬けにすると薬用成分が喉の痛みや咳に効きます。
 
   稲架(はさ)       ススキ       カノコ(バラ科)の実



羽毛ケイトウ
   
 ユーフォルビア(白雪姫)   トリカラーセージ ペニーロイヤルミント      野牡丹






エゴノキの実   ツリバナ     
スイートバジルアルプス乙女 ミ カ ン 
ソ テ ツ  庭木として植えられることの多いザクロ(柘榴)は初夏にはオレンジ色の花、秋には硬い果皮が割れてルビーのような赤色の多数の果実が顔をのぞかせます。





メキシカン
ブッシュセージ
  
ヤマトシジミ蝶と千日紅       ゴーヤの花          沢山の白い花を咲かせ実を付ける頃には仙人の顎鬚のようなものが目立つ“仙人草”は薬草としても知られていますが、“馬食わず”とも呼ばれる有毒植物です。

夾 竹 桃





タチアオイの 
ポーラスター

               

ブラックペパーミント      オーデコロンミント          スープセロリ   

 スペアミント          ラベンダーミント         ツバメのヒナ 
頑張ろう東北         東北に笑顔を  
     
ステビアラベンダーセージ二度咲きの藤の花   熱帯のつる性植物“マンデビラ”の皺の寄ったような光沢のある葉や鮮やかな色の漏斗形の花は猛暑がよく似合い、緑のカーテンとしても活躍しています。 アンゲロニア  





天狗の羽団扇(はうちわ)のような大きな葉をもつ“ハウチワカエデ”は、紅(黄)葉の季節を待たなくても緑の葉が圧倒的な存在感できらめいています。
ハナショウブ

ストレプトカーパス       昼咲月見草

  ブルーベリー     バーベナ(美女桜)


シシトウ
カワラナデシコ ガザニア         オシロイバナ






ナガミヒナゲシ

 レモンバーム      ミント
道端で地面を這うように茎を伸ばしていた多肉植物の“万年草(マンネングサ)”は、地上の星のように鮮やかな黄色の花をキラキラと輝かせていました。
      

  イヌツゲ       アオスジアゲハ
ガウラ(山桃草) クンシラン  イングリッシュ ラベンダー






 亀七匹の甲羅干し







                

    バックシャン

バックに花いかだ
イベリス   シロヨメナ     シャガ 
ハナズオウ ハナニラ      一面に葉ボタンの花 三つ叉の枝先に多数の朱色の小花が集まり球状になっている“アカバナミツマタ(赤花三椏)”はまるでくす玉のようで、今にも紙吹雪が出てきそうでした。






リナリア
 小彼岸桜
一本の花茎にハート形の花が沢山咲く“ケマンソウ”は釣竿に鯛がぶら下がっているように見えるため、“鯛釣草(タイツリソウ)”とも呼ばれています。
クロッカス                    白いサクラソウ


アオキ           ヘデラの実           ムルチコーレ           ミント








 

ハナカンザシ


シソ科のタイムは数百種類ありますが、その中の一つ耐寒性のある“タイム ロンギカウリス”が寒さに頬を赤くしたような姿でグラウンドカバーしていました。
アセビの赤い実





宵の明星(金星)・三日月・富士山


           カリフラワー

       ウィチタブルー

京 水 菜   沢山の種類があるエリカの一品種“ホワイトデライト”は、咲き始めは真っ白の筒状の花が先端から徐々にピンク色に変わって行くので色の変化を楽しめます。  木立性セネシオ





 
  




 
  サザンカとツバキの交雑種といわれる寒椿(カンツバキ)は、濃い紅色の八重咲きの花と濃い緑色のベルベットのような艶のある葉がゴージャスです。
     イソギク    ピンクのスイートアリッサム      





Season's Greetings




              来るかニャ~
   


         ニャ~に~ 


      

ハナカタバミ


葉がバラの花のようなロゼットになる多肉植物の“エケベリア”は、幾何学模様の美術品のようです。

   ヒイラギの花        デンマークカクタス    ヘデラの中の落ち葉色
  
       







            
  ハナカタバミ

ハゴロモルコウソウ

     蝶々と
   “ゼラニウム カリオペダークレッド”は長い茎に大きめの光沢のある濃く赤い花をボール状に咲かせ、春と秋に華々しい姿を見せてくれます。
黄色ダリア

花たち












   

体育祭がやってきた~

      
ゴーヤ



ピンクノウゼンカズラ
あきらめない アキラメナイ
  

寒さに強いユウゼンギクが色取り取りの小さな花を沢山付けて、多彩な色を施した友禅染のように可憐に咲いていました。
ホオノキの実 珊瑚樹(さんごじゅ) ユーフォルディア   イクソラ・コッキネア






   夏が ゆき







      おとな まったり

子は げんき

    ヨウシュヤマゴボウ




            
イチジク 細長い葉が密生し垂直の茎に羽毛のような花穂をつけるパンパスグラス(シロガネヨシ)は、逞しく豪華なススキのようです。          茶の木
ミニトマト  コリウス    ツユクサ














涼を求めて  
               きょ~ろ きょろ

緑のカーテン

ギボウシ  ムクゲ
オ ク ラ  ナ ス    葉の形がミョウガに似ているツユクサ科の“ヤブミョウガ”は長い茎を真っ直ぐに伸ばし、小さな白い花を夏に沢山咲かせます。

ルドベキア プレーリーサン     ルドベキア トト

カンナ プレトリア





                 

       後ろに トトロ



      柏葉アジサイ









     いらっしゃいませ
       節電の夏


   うだるね~



シロタエギク と サルビア
ヒ ル ガ オ 
ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)が真夏の太陽の光を浴びて、赤・白・ピンク・黄・オレンジ色の花を次々と力強く咲かせています。









               

   恵みの雨と なりますように





     
  
   福 祉 事 務 所 に包まれて  
 アンティークショップ         ガレットのお店

地域交流センター
設 計 事 務 所
 
            シューフライ     
フェンスで一輪咲いていた蔓性植物の大輪の“クレマチス”は、梅雨時のアジサイに負けず劣らずの存在感でした。
   金蓮花                  赤花夕化粧







             若草 萌え~


 風 薫る~


             



              
ソラマメの花      ヘレボルスニゲル   ジューンベリー    エリカ ウィンターファイアー
   
花かんざし  ゴールデンクラッカーパンジーゼラニウム 
   〝アリア〟  マメ科の野草・カラスノエンドウ(ヤハズエンドウ)は、巻きひげがありえんどう豆の花に似た紅紫色の愛らしい花を咲かせます。





辛夷(こぶし) 蔓日日草(つるにちにちそう)

鈴蘭水仙(スノーフレーク)

ミモザとビオラ
し だ れ 梅   金魚草の花を小さくしたような色取り取りのリナリア(姫金魚草)が、チューリップの周りで嬉しそうに風にそよいでいました。ソ メ イ ヨ シ ノ         





                      耳を澄ますと・・・

オオキバナカタバミ
サ イ ネ リ ア    スイートアリッサム 褐色のまるい頬の部分がチャーミングなヒヨドリが、花の蜜をいっぱい吸って河津桜の枝の上で満足げにくつろいでいました。







              春のだ~
日光浴のために岩をよじ登りお腹を見せた(目の後ろに赤い斑点のある)ミシシッピアカミミガメは、モザイク作品の様でした。
夏 み か ん 
ベ ゴ ニ ア         エ リクリスマスパレード







クロガネモチ
 ヒヨドリのご馳走 

サザンカ        友 禅 菊    

     寒い
花の中央の副花冠が白色の水仙・ペーパーホワイトが、凛とした寒気の中でしゃきっと背筋を伸ばして咲いていました。











            
 南 天     “五色(ゴシキ)トウガラシ”は、濃い緑の葉と紫・白・黄・オレンジ・赤の色とりどりの艶々とした実が目を楽しませてくれます。
 ヤエベニシダレの冬ごもり   ネ リ ネ 






           イヌマキの生垣
生垣を伝うヤブガラシ


せせらぎで泳ぐ銀色の虫  
パープルハート(紫御殿)


ソバに似た小花をつける赤地利蕎麦(しゃくちりそば)は、白い花びら・赤紫のオシベ・黄色の蜜腺が見事に調和しています。


ニオイバンマツリ






葉鶏頭(ハゲイトウ)

冬珊瑚(フユサンゴ)





 水引(ミズヒキ) 一本の花茎に上向きの白い花を一つだけ付けるヒガンバナ科の“玉簾(タマスダレ)”は、群生して咲くと一際目立ちます。 ヤ ブ ラ ン 





                                      オ ミ ナ エ シ
      地面を這う様に伸びて行き鮮やかな緑色が目を引くブルーパシフィック(ヒノキ科)は、グランドカバーに多く使われています。                     
フ ヨ ウ  
ハ ナ ト ラ ノ オ
ミ ソ ハ ギ  






 


  飛行機雲~~~
サワ(椹)

ルリシジミ(蝶)
葉も大きく明るく鮮やかで大きな花を夏から秋にかけて咲かせるカンナは、猛暑を物ともせず真夏の太陽を浴びています。
カナブン

      ポーチュラカ       白いサルスベリ     ペンタス    ニューギニアインパチェンス











       
  ヒメイワダレソウ       カリブラコア
姫檜扇(ひめひおうぎ)水仙
 ツルがどんどん伸びオレンジ色のラッパ型の花を沢山つけるノウゼンカズラは、夏になるとあちこちの家の庭で見かけます。   ザクロの花













                
















     

 セイヨウイボタにとまるアオスジアゲハ

      スモークツリー
雄しべが長く突き出てブラシ状に見えるブラシノキ・赤の金宝樹(きんぽうじゅ)は、先に金粉が付いている様に輝いています。






八重桜 の じゅうたん
 カロライナジャスミン
            
秋になると燃える様な真っ赤な実をつけるピラカンサス(トキワサンザシ)ですが、五月に咲く沢山の白い花もあでやかです。 トラディスカンディア
ブルー・デージー   夏 雪 草    マーガレット






 線 路 近 く の 公 園 の 桜
河 津 桜   染 井 吉 野 カ イ ド ウ  革紐の様な紅色の細長い花弁の紅花常盤万作(ベニバナトキワマンサク)は、オフホワイトの常盤万作とは趣を異にします。
      菜 の 花                             レンギョウ







     芝 桜














 


ユキノシタ科のヒューケラは品種毎に様々な葉の色を楽しめる常緑多年草で、寄せ植えやガーデニングに欠かせません。

ヒヤシンス
 御柳梅(ぎょりゅうばい        蛇の目エ リ カ            ローズマリー            房咲き水仙






柑 橘 類 

茎が伸びて木の様に立ち上がり葉は厚く張りがある“キダチアロエ”は、鮮やかなオレンジ色の花を冬の間長く咲かせています。  
     ヴィブルヌム ダヴィディー                ノースポール













              西洋桜草
早春に黄色い小花を咲かせる柊南天の仲間の“マホニア チャリティ”は、一足先の冬に豪華な黄色の花を咲かせます。  マホニア コンフサ 




   








 
         ジュリアン











  Winter
Arrangement

    
   

 池袋へお引越し
白戸家お父さん


ピラカンサスの中にハート型にアレンジされたような実を発見した時は、四葉のクローバーを見つけた様な気分になりました。












 December

   皇帝ダリア                 ネズミモチ                ミツバツツジの紅葉




               レ ペ ン ス





                                     ヒメツルソバ

ペ ン タ ス 








      November
メキシカンセージ
   横向きの
  白戸家お父さん 青花フジバカマ 
   オ ウ ゴ ン ニ シ キ
              花の斑点が鳥のホトトギスの胸毛斑点に似ている事から名付けられたホトトギス(杜鵑草)は、茶花として人気があります。





中秋の名月
雨天が心配された10/3(旧暦8/15)ですが夜になるとくっきりと中秋の名月が見え、ビルの窓にも映し出されていました。

太 鼓
  先月と変わらず
白戸家お父さん 
               October









エノコログサ 
 キバナコスモス 





ポーチュラカ 
  September
挿し木の季節を迎えるホクシアは“lady's ear drops(貴婦人の耳飾り)”とも呼ばれ、下向きに咲く花がイヤリングの様です。


白戸家お父さんと
ベレー帽のストラップ
ヒガンバナ  

ゲンペイカズラ                               レウコフィルム






     



おでこにサングラス
白戸家お父さん

独特の香りがあり春から秋まで咲いている強くて丈夫な花・マリーゴールドとツマグロヒョウモン蝶(雄)は共に強烈な色彩です。








          August

ブルーサルビアと蜜蜂

アゲラタム(カッコウアザミ

ペチュニア

アカツメクサ





チロリアンランプ    初夏に黄色い花が咲く“ヒペリカム・ヒデコート”は、雄しべが金の糸の様に見え花の形が梅に似ている金糸梅の品種です。    サルビア・ 
 グアラニチカ 

ハンゲショウ(半夏生)










                     July


白戸家お父さんと
お父さんBIGストラップ



青大将のSwimming

白 蝶 ハクチョウソウ

西洋風蝶草クレオメ

アガパンサス
















                  June





 タンポポの綿毛
目黒川の南部橋と菅刈公園の間にあるミキモト装身具の敷地内には、よく手入れされた数多のバラが咲き誇っていました。
ペンテットスター
祭り

  セイヨウイボタ      ナヨクサフジ

ホットリップス
 ヘラオオバコ

六月の白戸家お父さん





                 
             カラーガーネットグロー      スズラン          ストロベリーキャンドル     

モッコウバラ











           M a y
清楚なたたずまいの一重の山吹と比べて八重山吹はゴージャスで、鮮やかな山吹色の沢山の花びらが目を引きます。  そのまんま 白戸家お父さん



 シロツメクサ

















  A pril
今年の東京の桜(染井吉野)は開花宣言後に花冷えがあったため、桜大好き人間の目を長い間楽しませてくれました。
レッドロビン 
マフラーをとった  
 白戸家お父さん 
オステオスペルマム 

芝 桜           雪 柳          キクモモ 















    M a r c h
 三月の  
白戸家お父さん   薄黄色の小さな花々が房状に枝から垂れ下がっているトサミズキ(土佐水木)は、その花の数の多さに圧倒されます。
 花 桃   

   キンギョソウ 
金 魚 草  クローバー 








            February

  白戸家お父さん
赤・青・紫・ピンク・白と花色が豊富な大輪のアネモネの花は、早春の陽の光の中で一際目立って咲いています。


    鯉  


     ワックスフラワー 

     紅 梅

     白 梅






柊南天(ひいらぎなんてん)
トゲトゲのある葉が柊に似ている柊南天は、今は様々な葉色、春になると沢山の黄色い小花で楽しませてくれます。









               
              January
一月の
 白戸家お父さん
   
  お多福南天(おたふくなんてん)         万 両             白 実 の 万 両











ポ イ ン セ チ ア

    ガ ー デ ン シ ク ラ メ ン

     パ ン ジ ー

   葉 牡 丹








紅葉の季節、公園の一角のイチョウの巨木の下を通ると、神聖な場所にいる様な神秘的で不思議な気持になります。
イ チ ョ ウ

い ろ は 紅 葉





    郁子(ムベ)



       スダジイ
トキワアケビの別名があるムベは秋になるとアケビに似た実をつけますが、緑色から赤紫色に変わっていきます。

    アキランサス












      金木犀の絨毯



     そぞろ寒                
夏から秋迄の長い間観賞出来る“千日紅(せんにちこう)”は、ドライフラワーにもよく用いられ長い間色が褪せません。

コムラサキ
コムラサキ(別名コシキブ)            ベ ゴ ニ ア  





9/14(旧暦8/15)の中秋管絃祭では、キク・リンドウ・ススキ・ワレモコウ等の季節の花を採物として、神楽が舞われました。
鉦鼓(しょうこ)           鞨鼓(かっこ)              





ブッドレアツマグロヒョウモン蝶
“butterfly bush”と呼ばれているブッドレアの花に留まるツマグロヒョウモン蝶(雌)が、夏の陽射しを浴びて鮮やかです。
残 暑

メランポジューム
  ハ
 イ
 ビ
   
  カ
  ス







        緑 陰     
      ト ウ ネ ズ ミ モ チ                       ア ベ リ ア

        キャベツやアブラナを好んでいた幼虫から成長したモンシロチョウが、カラフルなポーチュラカの花の蜜を一心に吸っていました。
      タ チ ア オ イ         柏 葉 ア ジ サ イ      ポ ー チュ ラ カ と 蝶            








         水 見 舞


                        ハツユキカズラ
バラ(メアリーマグダレン   ヤ マ ボ ウ シ

小川でひとしきり競泳をしていたカルガモの兄弟達は、速いもの順に勲章菊(ガザニア)の側で仲良く休んでいました。

勲 章 菊 と 子 ガ モ
          タ ニ ウ ツ ギ     シ ラ ン




八重桜
薫 風




アザレア
ドウダンツツジ  
        

トキワマンサクは、オフホワイトの細長い4枚の花弁の花がまとまって枝先に咲くので、木全体が花で埋まって見えます。
トキワマンサク

 久留米ツツジ“常夏”





春  爛  漫

舞 い 降 り た 桜 花
              

            枝 垂 桜
  


タンポポと桜花びら  
  モ ク レ ン (白)
モ ク レ ン (ピンク)

目黒川 の 夜 桜桜の名所目黒川の中でもライトアップされた川沿い区間は人々で賑わい、まさに春宵一刻値千金を味わっていました。





     ピンク色の可憐な花をつけるツツジ科の低木・アケボノアセビ(曙馬酔木)には棘はありませんが、有毒植物だそうです。












  立春前日の節分の日二月三日は今年は雪でしたが、桜の木には硬いつぼみがしっかりとついていました。

  
   







      
 




     
 
    節分の福枡
 





                        正月の植物として馴染みの葉牡丹一色の花壇はキャベツの仲間だけあって、まるで八百屋の店先のようでした。    
冬うらら
オキザリス  更紗木瓜





'07版 '06版 '05版 Top   風景 Home セレモニー・コンダクターズ