半世紀 

March , 2015 


 最近の渋谷は、変わり続けています。駅東口にあった東急文化会館跡地に渋谷ヒカリエが三年前に開業し、翌年東急東横線渋谷駅ホームが地階に移動しました。二年前に閉館した東急百貨店東横店東館下を流れていた渋谷川は水路を明治通り側に移設する工事が行われ、来月切り替えられるそうです。
 そして駅西口の東急プラザ渋谷が、3/22に49年の歴史に幕を下ろしました。閉館前に“タイムスリップギャラリ−”や“シブヤパブリック展 第三弾”が六階で開催されていたので、足を運んでみました。

 東京オリンピックがあった1964年頃の渋谷駅周辺のジオラマには、思わず見入ってしまいました。
 屋上に観覧車があった東横百貨店東館や東横劇場が入っていた西館、東横線渋谷駅のかまぼこ屋根や東急文化会館横を走る銀座線のオレンジ色の車両など慣れ親しんでいたものが多くあり、約半世紀の間それほど変わらなかった風景が間もなく一変してしまうのかと思うと感慨もひとしおでした。
 また鉄道ファンの中でも収集鉄にはよだれが出そうな懐かしい展示品の中に私の思い出をよみがえらせてくれるものもあり、久しぶりにどっぷりと過去にタイムスリップしてきました。“SHIBUYA FUTURE VISION”で2027年の渋谷のイメージを見た後は、シブヤパブリック展で未来の渋谷の知識を得ることも出来ました。

東急プラザ渋谷

タイムスリップギャラリー 左に東横百貨店西館 中央にかまぼこ屋根 東急文化会館横に銀座線   東横線ホーム
懐かしい展示品   シブヤパブリック展 

 現在の渋谷駅周辺を見下ろしてみたくなり、ヒカリエ9階に行ってみました。線路が全て撤去された東横線渋谷駅跡地の向うには、JR山手線ホーム・東横店南館・遠方に東急プラザの建物が見えました。
 右方向に目を遣ると、解体が終了し東京メトロ銀座線ホームのある場所だけが残されている東横店東館の中にレモンイエローの車両が入って行きました。3年前から運行しているこのレトロな1000系電車は、1927年の東京地下鉄開業時から約40年間走っていた1000形電車をモチーフにしています。当初はなかなかお目にかかれなかったのが最近はよく見掛けるようになり、来年銀座線の全車両が新型1000系になります。外観に癒され車内が近代的で快適なこの電車にいつでも乗れると考えると、わくわくします。
 ヒカリエ11階スカイロビーの一角には、未来の渋谷駅周辺の模型がありました。現在の渋谷駅一帯は渋谷駅街区となり、高さ約180mのヒカリエより約50m高い東棟が2020年の東京オリンピック前に竣工予定です。東急プラザ渋谷辺りの道玄坂街区には、空港リムジンバスの発着場もあるバスターミナルが整備された地上18階・地下4階のビルが2018年度をめどに完成するそうです。東横線線路跡地周辺の渋谷駅南街区は、近くの渋谷川沿いに緑の遊歩道や広場がある高層複合施設となります。
 駅街区中央棟・西棟の2027年開業予定以外は2020年完成を目標にしており、前回の東京オリンピックの時とは比べ物にならないスピードで街が変貌します。マンション・ホテル・国際医療施設も入りますが各街区の中心は事務所・店舗で、起業家やクリエーターが集まり新しいものづくりが生まれる空間を目指しているそうです。“Made in Shibuya”のロゴを見かける日も、そう遠くないかもしれません。

  未来のプラザ跡地  未来の渋谷  

左奥に東急プラザ      旧東館内にある
右に東横店南館      銀座線ホームに向かう
 中央に山手線ホーム     新型1000系

手前に東横線跡地          
   渋谷ヒカリエ        駅南街区  

                    桜丘口地区

                 道玄坂街区       
          駅街区              セルリアンタワー

                渋谷マークシティ



     模型

 ショッピング・文化・娯楽の場として小さいころから気楽に気軽に出かけていた渋谷の街は、ハイクオリティーなシティーへと変わって行きます。あっという間に経ってしまった50年は未来へ続く半世紀でもあったのだと思い直して、“未来の渋谷”を想像してみました。

 渋谷駅南側の歩道橋を上り下りして国道246号線を渡ったり“迷宮”と呼ばれる電車の乗り換え経路を辿ったりしていたのが、駅周辺にできる歩行者デッキやJR線・銀座線ホームの移設やアーバンコアの整備で東西南北の移動がスムーズになり分かり易くなる。ハチ公前広場が広くなりイベント広場や渋谷川沿いの遊歩道なども作られ、老若男女が集える場所が増えて海外の人々との交流の機会も増える.。等々。

 渋谷の変遷を楽しみ新しい風景に慣れ親しんで、裏通りの探訪もしてみようと思っています。



TOP前へ 次へTOP    Top Home セレモニー・コンダクターズ