線 路                             August , 2015 



 JR渋谷駅の山手線内回りホームで電車を待っていると、水平方向に細長く開けられた壁の間から渋谷ヒカリエや沢山の重機が見えます。
 現在ヒカリエの地下にある東横線渋谷駅は、2年前の3/15までは地上駅として壁の向こう側にありました。解体されたその場所と東急百貨店東横店東館の跡地では渋谷駅街区1期東棟の建設工事が進行中で、2019年には地上47階地下7階の高層ビルが開業予定です。

        埼京線連絡通路

 渋谷ヒカリエ
        壁の向うで工事中

           埼京線線路
 手前に山手線内回りホーム

 渋谷駅周辺の工事は、人や交通機関の流れを止めず安全を確保して着々と進められています。東横線渋谷駅〜代官山駅の一部区間で地上線が地下化された時は、3/15の終電から数時間後の翌日の始発までの間に完了しました。日本の技術力の高さや勤勉さに、あの時は改めて気付かされたものでした。
 東横線の電車が地上を走っていた代官山駅近くの線路跡地には、散策路と5棟の店舗がある商業施設“ログロード代官山”が数か月前に完成しました。恵比寿に最近出掛けたついでに代官山経由で渋谷駅まで歩いてみましたが、思いの外坂道が多く残暑の中で汗もかき運動不足の解消に役立ちました。

 “LOGROAD DAIKANYAMA”は、かつて東横線渋谷1号踏切があった辺りにあります。
 1号棟は朝8時から営業しているオールデイダイニングの“SPRING VALLEY BREWERY TOKYO”でクラフトビールが有名ですが、2階の窓ガラス越しに醸造タンクが見えました。2号棟の“THE MART AT FRED SEGAL”との間には、期間限定のショップが開かれる時に使用されるドラム缶が並んでいました。
 MARTのキッチンカーで販売されているカジュアルフードは、隣りのウッドデッキでアルコールと共に楽しめます。 Fred Segal おすすめのフードマーケットである2号棟には人気の手作りドーナッツ店“CAMDEN'S BLUE DONUTS”も入っていて、午前9時開店です。 Fred Segal がセレクトしたレディース商品を扱う3号棟とメンズの4号棟は、どちらも午前11時にオープンします。約3200uのログロード敷地内には草花や樹木がそこかしこに配されており、3号棟の屋上からはパンパスグラスが顔を覗かせていました。
 “ログロード”はLOG(HOUSE)と(RAIL)ROADからネーミングされたようですが、木のぬくもりが感じられる低層の建物が全長220mの細長い線路跡地に連なっていました。ベンチも沢山設置されていて、未完成の石庭かと思ったスペースにある大きな丸い石もどうやら座れるようでした。


L O G R O A D

SPRING VALLEY BREWERY

ドラム缶
 
    THE MART AT FRED SEGAL               ベンチ
  
    Fred Segal WOMAN                   石のイス?            Fred Segal MAN

 4号棟の“Fred Segal MAN”近くのベンチ周りは緑がいっぱいで、暑さを一瞬忘れさせてくれました。
 散策路を行くと開放感のあるオープンテラスやルーフトップ(屋上)が心地よい、5号棟の“GARDEN HOUSE CRAFTS”があります。朝7時半からの営業でパンやデリ等をテイクアウトできますが、広い厨房のある店内でまろやかなコーヒーと軽食をとって休憩しました。
 “ログロード代官山”をゆったりと歩いてみて感じたのは、自然で上質で穏やかな時間が過ぎて行くということでした。「気持ちの良い風、空、緑を感じながら、思い思いの貴重な時間をお過ごしください」という、表示がありました。近くの住民にとっても、居心地のよい空間となっていることでしょう。
 5号棟の横のなだらかなスロープはベンチとしても利用できそうで、前方下を走るJR線電車を眺めるための観覧席にもなりそうでした。思い思いに楽しめる、遊び心を感じました。
 東横線が地下を通っている道路をJR線線路方向に歩き線路を右手にして渋谷駅に向かっていると、成田エクスプレスが通過していきました。途中にある埼京線渋谷駅は、成田エクスプレスや湘南新宿ラインの停車駅でもあります。山手線渋谷駅と埼京線渋谷駅はどちらもJR渋谷駅と呼ばれていますが、延々と歩く長い連絡通路で繋がっています。渋谷駅が“迷宮”と例えられる一要素にもなっています。


Fred Segal MAN 周辺

GARDEN HOUSE CRAFTS

GARDEN HOUSE CRAFTS        スロープを上ると5号棟         スロープ下の先を走る埼京線電車

右にJR線線路   成田エクスプレス                   埼京線 渋谷駅 山手線電車の上に連絡通路

 来月から渋谷駅の改良工事が始まり、約4年半後に埼京線のホームが山手線ホームの隣りに移設されます。地下化されないので、地上を走る様々な電車をこれからも見られるのは何よりです。
 渋谷駅周辺の他の地区でも列車や人や車がいつも通りに動いている中を、昼夜を問わず慎重な作業が続けられています。渋谷駅が大変身するまでにはまだまだ時間を要しますが、少しずつ変わって行く光景を目にする度に関係者の奮闘に心の中で脱帽しています。

      



TOP前へ 次へTOP    Top Home セレモニー・コンダクターズ